Hurricane 4 Tornador fleece


POLICE RESOURCES INTERNATIONALあまり聞いたことがないブランドだと思います。
英軍マニアの方々なら官給品のバックパックにPRI言うブランドがあるのを御存知だと思います。
そのブランド名での販売になります。
このフリースも当時はKARRIMOR SFブランドにて販売していました。
どちらがどうかと言うと波風が立つので言いませんが、ようは関連会社で
おもに英国のお巡りさんの装備だとか服だとか軍用のパックだとかを取り扱っている会社ですね。
まぁどのような形で服系のブランド名を変えたかは僕のあずかりしるところではないです。
英国のお巡りさん用のブルジョアフリースですね

写真は左が商品、右がその裏地です。
当時のホームページの説明は以下
製品インプレッション
Karrimorの軍用納品ライン “Sf (スペシャルフォース)”
素材にGORETEX/WINDSTOPPERを贅沢に使用した、防風透湿撥水の高機能性フリース。
保温性も高いフリースに仕上がっているので、秋以降の気温の低いフィッシングなどへお出かけにはお洒落に着こなせること間違いない。

まぁ僕がこのフリースをしばらく取り扱わなかった理由はブランド名がなぁ…ってのがあるわけですが

ですが、どうしてももう一度このフリースが欲しいと言うリクエストがありましたので
様子をみながらやろうかなと

冗談抜きでこのフリースを着用していて古くなった商品を再度の御要望が有るくらいに優れた商品になりますが
高いですねぇ…

¥36000プラス消費税

■参考サイズ
○Sサイズ
・身幅50cm / 前丈60cm / 後丈72cm
※おもいっきり日本人サイズです。

Taylor&Stonerのページ

広告

いくぜ!ミーハーバックパック!名前はそうだなぁ、2DAYS ACHAULTパックでいいだろ


ちなみに、どこからどうみてもアサルトに見えないので2 デイズ アチャルトパックにしました。

写真が全てです。
以前の試作品の商品化です。
少し大きめにしたスクールタイプ!
背面のクッションも入れていません。
ミリタリーみたいに3重4重に縫っていません。
ストレートタイプのショルダーストラップです。
さすがにショルダーストラップにはクッション材いれてあります。
ただ必要な箇所はバイアスかまして2重には縫っています。

最大限まで下げるとケツが隠れますwww

価格は税別¥8,600-です。
がけっこう高く見えます

ちなみに限りなくストレートショルダーストラップタイプに以下のような3daysはあります。
6094とか言われる商品を出している一流メーカーです。
ううううん!会社としてすばらしい効率化をはかっていますね。

で縫い方や背面は以下の有名メーカーを参考にしました。なんちゃらすぽーつです。
これを参考にさすがに強度が必要だろと思うところはバイアスやら2重やらにしています。
逆に言えばこれで十分だって事ですね。

Taylor&Stonerのページ

醜いアヒルの子のウェビング


1.5インチのウェビングの在庫も黒がなくなりタン499がなくなりレンジャーグリーンもほぼなく…
AORしかまともに残っていない…
そもそもAORなんて美しくもなく醜くもなく感情移入しにくい迷彩としては駄作の類に入ると個人的に思う。
まぁ僕は誰それが使っているからとかで迷彩に興味があるわけじゃないので見たいだけで持っていたんだ。

だがしかし!わざわざ新製品価格を提示してバリエーションが少ないのが…と思い、
コヨーテのボディーにAORのウェビングでE&Eを作ってみたわけだ!

すげええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ
今まで見たことのない衝撃を受けましたね!
マルチカム系の連続した感じの柄の繰り返し感じゃなくデジタルの連続性の中の不連続した感じがものすごーーくしゃれおつな感じのウェビング!
ぞわぞわ感がたまらないですね。
あぁ、この迷彩は全てに規則性の中に不連続性を見た目に持たせて迷彩効果を高めてるんだなぁって。
だって柄とか模様って見慣れるとわかりやすくなってきますからね。

陸自の迷彩とかマルチカム、ウッドランド系とかは、このパターンの連続なんだなぁって思っていても
ザ、迷彩!感がたまらないじゃないですか。

しかしデジタルの色違いの小さい四角の集合体でかつこれと言った模様がないんですよ。
基本クソ迷彩のイメージを持っていたんですがアメリカ軍の迷彩すげーーーって思いましたね。
これじゃ相手も認識しづらいよなぁ
だてに模様がない迷彩だぜ!(アメリカ空軍のデジタルタイガー除く)

けどメイン生地に使うとまったく面白くない迷彩だよね

Taylor&Stonerのページ

ミックスカラーのJUTE


目からうろこミツウロコってのはお客様とのお話の中でです。
ジュート一束は使わないんだよなぁ。
でもカラーはこれとこれと見たいな感じで

たしかに1ポンドあれば頭から肩のラインはほぼ隠れると言っていいので
2色必要であれば2束 3色必要であれば3束…
ジュートは必要だけどそこまで量は必要ないよねみたいなぁ

と言うことで、とりあえず基本色である
ダークグリーンとライトオリーブの2色セット
ダークグリーンとライトオリーブと地面の色のブラウンの3色セット
を1束で作ってみました。

これを使っていただければ頭から肩までのラインなら1束でいけると思います。

Taylor&Stonerのページ

バックパックの背面やショルダーストラップのフォームのお話。


バックパックのショルダーストラップや背面に使われるフォームです。
僕てきには薄っぺらいと言われる5mmで最高だと思っているのですが
人により背面はある程度硬くないとなぁとか、柔らかくて反発があるほうがすきとか。
まぁ一番肝になる部分です。

でショルダーストラップになるとさらに要求が厳しくなると…
それで思ったんですよ。

ではどのフォームを使ってどのようなものをつくればいいの?
まず白いほうはランドセルの背面に使われている16mm
グレーは低反発のフォーム10mm
イーグルなどは通常10mmの多分白いほうと同じ材質

でもメッシュやらなんやらつけると厚みが増すので、見た目がドン!

日本人だとゴツイんだよなぁ

だったら一回止めた8mmも再検討してみる必要もありますなぁ
背面は固め10mmでも良さそうだけど
悩むなぁ…

最終的には人それぞれの好みのフォームで作るんのが一番なんだろうな

ちなみに低反発のフォームがやっぱり一番高いです。

Taylor&Stonerのページ

予想が外れた。 E&E追加


まぁ、世の中自分が想像する世界があるのですが
現実としてプラス方向に想像する世界を超えるのはほんの少しのことでも実に嬉しいものです。

というわけで2色追加しておきました。
はたして新製品価格が良かったのか物の見た目が良かったのかわかりませんので
カラーサンプル的な形で引き続き新製品価格と言うことでホームページにアップしました。

皆様ありがとうございます。

税別¥10,800-となります。

Taylor&Stonerのページ

E&Eの3Cカラーもあるよ。と詳細


E&Eはこんなカラーもあります。
よりそれっぽくするために止水ジッパーを廃止して生地でジッパーを
隠してしまえと思いましたがやりすぎだと思いやめました。

だってここは日本だから!

ただチョイ昔の3C迷彩なのでスイベルとDリングを昔風のスチール製ITW
を使ってそれっぽい雰囲気を出してみました。

で外部ポケットはダブルポケットにしてあります。
貴重品はジッパーポケットへ、そして携帯などはその内側のポケットに
入れることが出来るようにしてあります。
手りゅう弾(もちろん偽物)を内側のポケットにつるすこんな感じになりますが
頭がちょっととか見られるのでお勧めはしません。

もしこんなカラーがあればとか言っていただければ在庫生地であれば
問題なく製作可能です。

税別¥10,800-となります。

Taylor&Stonerのページ