Snugpak SasquatchとEbonyを比較してみた。 Taylor&Stoner Blog


今年はサスカッチは取らないんですよ。
それならホームページの値段消せよってお叱りを受けるのもわかっているんですけどね・・

というわけでEbonyとの比較です。
左がサスカッチデで右がエボニーちなみにサスカッチは中古ですので色は日焼けなどで変化していますので気にしないでください。
ちなみにこの中古ハリもかなりなくなってきてます。新しいの欲しいな・・・
Snugpakでは両者ともComfort-10℃ Extreme-15℃とラインナップ上では最高の防寒性を誇っています。
よく言われる最低温度-15℃までOKですよって事です。(-15℃はあくまでもメーカー公表です)
ここまでくると防寒性はこれ以上必要ないくらい十分ですけど・・
デザインの違いは見ていただく通りEbonyの方が若干短くハンドポケット及びフロント部分にウインドフラップがついています。
サスカッチのフロントは内部にフロントフラップを持ってきていますがフラップ部分に強度がないためジッパーがかみまくりという問題も・・
服自体は撥水機能などは同じですので、あとはデザインの好きか嫌いかって事なんですが・・・


問題はここ赤丸で囲ったところです。

左のSasquatchはフードが作り付けのため襟からフードにかけて一体になっています。
そのためかどうかわかりませんが襟からフードのかけてはPARATEXで表も裏も作られています。
着古したナイロン製のウインドブレーカー等の襟を見ていただければわかると思いますが、
残念ながら襟元からフードの中にかけて油や汗などの汚れが-黒っぽくすっごくつきます。
写真で黒っぽくなってるところが汚れです。うなずいた方が5人はいましたねwww
サスカッチは黒がお勧めです。汚れが目立ちません。

対してEbonyはフードが脱着式ですので襟とフードは別の作りとなります。
しかも襟の内部が薄い生地で裏張りがされているので汚れがついた場合でも洗いやすいですね。
ではEbonyが100%優れてるか?と言う話ではフードがスナップボタンでついているため力任せに
はずしていたりするとスナップボタンがブチィっていく可能性があります。これはフロント部分も同じです。
かといって弱いわけではありませんが。
まああの生地の表面にベルクロ縫い付けるくらいなので大丈夫でしょう。

軍隊で使用するのを考えたらパーツの破損が考えられる商品より多少汚れてもいいからサスカッチなんだろうなぁ

最後に:サスカッチ一般兵卒向け エボニー士官向け みたいな感じですあくまでも私感ですけど。そんな感じ

え?なぜ今までサスカッチ売っていて今になって?お思いの方に答えます。
だってサスカッチのほうが男の子っぽいじゃないですか。汚れるとか細かいことは関係ねーんだよみたいなwww
ちなみに左の中古は私物のサスカッチ

Ebonyをなぜ仕入れたかというと一昨年くらいに頼まれて仕入れた商品が予想以上にかっこよかったから
そしてEbonyを自分の物にしたくなったからだけです。

TAYLOR&STONERtopページへ飛びます。


店舗案内図

SnugpakのEbony Taylor&Stoner Blog


というわけで注文残のエボニーが届きました。
OliveのxsとBlackのs及びxsとなります。

このありきたりなデザインがたまりませんね。
防寒を考えると結局スタンダードの形に落ち着くんでしょう。

サスカッチとの違いを聞かれるのですが
フードが取れることと襟が汚れないように裏張りがしてある。
そして前フラップでジッパーが隠れていることと丈が若干短いそれと・・・

違う服ですので比較できませんね。

TAYLOR&STONERtopページへ飛びます。


店舗案内図

Snugpakの靴下  Taylor&Stoner Blog


スナグパックの靴下
新製品と言うことで取ってみました。

見た感じは悪くないですね。履心地はどんなもんだろう。
ミリタリーブーツソックスは保温性とクッション性が高いように見えます。
素材も30%ウールを使用し肉厚の靴下です。

メリノテクニカルソックスはある程度クッション性の高いミッドソール等
のアクティブ系のブーツに合うような気がします。
素材は20%メリノウールを使い保温性もそこそこ高そうです。

ミリタリーソックスは大体見当がつくのでメリノテクニカルソックスを試してみます。

Snugpakミリタリーソックス\2,100-
Snugpakメリノテクニカルソックス\2,800-

TAYLOR&STONERtopページへ飛びます。


店舗案内図

Snugpak 入荷しました。 Taylor&Stoner Blog


Snugpak EbonyとSoftie Shirts。

Snugpakの通常ラインの中では一番スマートSnugpak Ebonyと
硬派なSoftie Shirtsです。

Snugpak Ebony在庫カラー
BLACKサイズXS
OLIVEサイズS
¥32,800-

Snugpak Softie Shirts在庫カラー
BLACKサイズS
OLIVEサイズS
¥34,000-

TAYLOR&STONERtopページへ飛びます。


店舗案内図

Snugpak Ebony Taylor&Stoner Blog

えぼにぃ~えんあうぇrqwf、これ以上歌うとやっぱりまずいんですかねぇ

まあそれとは関係ございませんがSnugpak Ebonyですね。

もしかするとSnugpakの通常ラインの中では一番スマートかもしれません。

首の後ろも当て布あって汚れないし、フードも取り外せるし

在庫カラー
BLACKサイズXS
OLIVEサイズS
¥32,800-

TAYLOR&STONERtopページへ飛びます。


店舗案内図

Buffalo SystemsのMountain ShirtとSnugpakのPile Shirt Taylor&Stoner Blog

Buffalo SystemsのMountain ShirtとSnugpakのPile Shirtを比べてみました。

Mountain Shirtsのサイズは38 Pile ShirtはサイズSmall

どうみてもPile Shirtのほうがでかい気がするSmallなのに

この形のジャケットは実物がかっこいいですね。

TAYLOR&STONERtopページへ飛びます。


店舗案内図

Snugpak SV3 入荷 Taylor&Stoner Blog




夏が近いですね・・・
でですねSnugpak SV3が入荷したわけですよ。
秋ならばいいんですけど・・もうすぐ夏なんですよ。
まあ、秋までにこれ以上円安になっていればこの価格で売れないので・・
今でしょ・・・・・・・・・


というか、バッファローシステムのビレイジャケットなども入荷したんですが、
どうやって値段つければ良いのやら。はぁぁぁぁぁぁぁ


下記リンクより御購入ページへ飛びます。

SNUGPAK SV3はこちらをクリック

店舗案内図

Buffalo SystemsとSnugapak入荷したのよ。 Taylor&Stoner Blog

Buffalo Systems のWind Shirts各サイズとSnugpakのWind TopのXSサイズが入荷しました。
Buffalo Systems のWind Shirts OLIVEが映画アルマジロでNATO軍が着ていたやつです。


何回か前のブログでも言いましたが、
映画アルマジロはアフガニスタンで行動するデンマーク軍に焦点を当てた映画です。
ちなみにBuffalo Systemsは英国のメーカーです。
ですのでデンマーク軍の一部のみが着ているわけではありません。


まあ、いやみを言ってみたところで意味が無いということで商品の説明です。
Buffalo SystemsのウインドシャツはPertexを使用して耐風、耐雨に強いです。
耐雨とは言ってもゴアなどと違いますので、そこまでの要求をされても、リンダこまっちゃうぅ。
デザインは相変わらずエロいです。
痩せ型の人が着用した場合けっこうマッチョに見えます。
マッチョが着るとゴリラに見えます。(行き過ぎの表現でした。それなりに見えます。)
言い忘れましたが10年後もこの商品は変わらず、この形で販売しているでしょう。
なぜかって言うとイギリスだからだと思います。


Buffalo Systems Wind Shirtsのページは以下からです。

Buffalo Systems Wind Shirts




SnugpakのXSですが、ようやく普通の体系の人が着用しても着られるサイズとなりました。
お電話にてサイズを聞かれるのですが、この服身長を考えてはいけません。
ちなみに生地はPARATEXですPERTEXではありません。
大体こんな感じです。
身長165くらいで痩せ型ですが・・・XSです。
身長165くらいで普通体系ですが・・・XSからSです。
身長175くらいで痩せ型ですが・・・XSです。
身長175くらいで普通体系ですが・・・XSからSです。
身長185くらいで普通体系ですが・・・基本Sです手が長い場合はMにしてください。
ちなみにSnugpakのウインドトップですがデザイン的な特徴と聞かれても「服です」
としか答えられません。基本中の基本の形です、イギリスの製品に変化は必要ありません。
永遠のスタンダードそれが最高です。



Snugpakのウィンドトップは以下からお願いいたします。

Snugpak Vapour Active Wind Top OLIVEとBLACK


Snugpak Vapour Active Wind Top マルチカム




ついでに宣伝です。バッファローシステムズのリバーシブルベストのページ作りました。
買ってねぇ!このベストだけエロくありません。悔しいです。

Buffalo Systems Reversible Gilet



店舗案内図

Snugpak Vapour Active Wind Top OLIVE入荷 Taylor&Stoner Blog




Snugpak Vapour Active Wind Topが入荷しています。
これから先のシーズンに一着は必要であろうと思われるウインドブレーカーです。
特筆するべきこともありませんが、マイナスの部分も見つからないという。
ザ・オーソドックスなモデルです。
ウィンドブレーカーで悩んだときは、間違いなくこれがよいと思います。





取り扱い製品ではございませんが、
アメリカの0C TACTICALと言うところの商品です。
この手の商品は、使い方がいまいちわかりません。
バックの中にコンプレッショんバックが入っていて小さくなるので便利かな。


と思われます。
 

下記リンクより御購入ページへ飛びます。

Snugpak Vapour Active Wind Topはこちら

店舗案内図

Snugpak SJ3入荷 Taylor&Stoner Blog




Snugpakの新製品SJ3入荷いたしました。
0℃~5℃対応の春向き商品となります。
サイズはXSからとなっております。


今までのsnugapakより一回り小さいですね。
snugapakサイズが大きいからと、今まで敬遠していた方々にはちょうどよいかもしれません。
一応、写真左下がSJ3のスモール、右下がスリーカのスモールとなります。
胸囲はほとんど変わりませんが、腹回りがテーラードフィットのためスリムな感じとなっています。
米国のブランド商品にトータルサイズ的に近くなっています。


仕様:マイクロリップPARATEX、ダブルの止水ジッパー、0℃~5℃対応
価格
オリーブ、ミリタリーブラック¥26,250-
マルチカム ¥29,400-

 

店舗案内図

Snugpak Softie Shirts とSnumper Taylor&Stoner Blog

Snugpak Softie Shirts とSnumperです。
この前Snugpak Blizzardを取り寄せたところ、予想以上にかっこよかったので
もしかするとSnugpakの写真はわざとかっこ悪くとっているのか?と思い
気になっていた上記2点とEbonyを取り寄せてみた。





キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
Snumper予想以上にかっけーーー!!
丸洗いできるナイロン製のセーターじゃん。


というわけでスナッグパックのホームページを見てみました。
(つд⊂)ゴシゴシ
(;゚д゚)
え?なくなってるジャン・・・ディスコン?
選んだ2種類がまんまないよね・・・


しかし、かっこよさそうな新製品があがってるじゃないか。
ベストだけ取ってみるかな・・・

店舗案内図

Snugpak SasquatchとBlizard Taylor&Stoner Blog




SasquatchとBlizard


サスカッチは-15度ブリザードはそれ以上の保温能力らしいので
取り寄せてみました。


ブリザードはサスカッチに比べもっと野暮ったいかなと思いましたが、意外に普通でびっくり!!
しかしソフティーが多く使われれてるだけ重いです。


旧式衣料とは比べることも出来ないほどの軽さではありますけど。



店舗案内図

Buffalo Systems とSnugpak 入荷 TAYLOR&STONER Blog

Buffalo Systems のビレイジャケット入荷しました。
この商品、もしかするとサスカッチと同じくらい温かいかもしれない
とのお客様のお話がありました。
イギリス製

BlacKはハードシェルっぽい生地で作られています。
そのため、かなりの撥水性能を有しています。

Snugapak Sasquatch 冬はこれ着てればまちがいなく温かいです。
イギリス製

最近はイギリス製の商品も少なくなってきて寂しい限りですが、
イギリス製って響きは実にいいですね。

Buffalo Systems Belay Jacket BLACK ご購入ページヘ

Buffalo Systems Belay Jacket OLIVE ご購入ページヘ

Snugpak Sasquatch OLIVE とBLACK ご購入ページヘ

下記リンクより購入ページを作りました。

patagonia mars das parkaとかR2とかR1とかARCTERYX Leafはクリックしてね

店舗案内図

オリーブ色の防水バックパックカバー

ありそうでない物ってありますよね。

Snugpak Aquacover

防水バックパックカバーです。
カラフルなものとかならアウトドアショップにありますが、オリーブとかは見かけません。
カリマーSFとかはもっていそうだけどありません。

ありましたSNUGPAKに・・・盲点でした・・

まあバックパックがあれなので気にしていませんでしたが、防水バックパックカバーならある程度のブランドが作る
以上どこでも一緒だろと思います。

米国産のマルチカムかつゴアテックスなんていう高級品もありますが高すぎでしょ!

うん!これなら使えます。色塗っちゃてもいいしね(笑)

サイズなのですが、EAGLEのA3バックパック等の大きさに近いものは35リットル、
それより大きめのサイズKARRIMOR SFとかのSABRE45とかプレデター45の場合45リットルでいけます。
45リットルの場合KARRIMOR SF等のオプションであるサイドポーチ付きでもいけます。

Snugpak Aquacoverのご購入はこちら

店舗案内図

■お問合せ先
住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-3-32カーメル1 302
電話:03-6431-0050

■営業時間と定休日
・平日(土曜日)  12:00-20:00
・日曜と祝日 12:00-18:00
・定休日: 水曜

TAYLOR&STONER WEB SITEはこちら

Wind Top

うまい具合にWind shirts 2種類が同時期に入荷しましたので、簡単に比較して見ます。

Buffalo Systems Wind Shirts

Buffalo Systems Wind Shirts OLIVE GREEN

Snugpak Vapour Active Wind Top

Snugpak Vapour Active Wind Top


今年のモデルはSNUGPAKのロゴがサブデュートになってます。

2種類のウィンドブレーカー両方ともイギリス製、そして同Parratex素材を利用しています。
比較サイズは
Buffalo Systems Wind Shirts:SIZE36
Snugpak Vapour Active Wind Top:SIZE SMALL

このあたりが比較になりと思われるので、見た感じはこんなものです。
結構タイトな作りのBuffalo Systemsに対してSnugpakはざっくりって感じ。

自転車などで利用することを考える人はBuffalo Systemsがいいかも、後ろ丈も長くなってるので
前傾姿勢でも背中が隠れます。

アウトドアなどで利用する場合はSnugapakがいいと思われます。付属のコンプレッションバックで
小さくなるし服の上から一枚重ね着として考えるのであればベストだと思う。

店舗案内図

■お問合せ先
住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-3-32カーメル1 302
電話:03-6431-0050

■営業時間と定休日
・平日(土曜日)  12:00-20:00
・日曜と祝日 12:00-18:00
・定休日: 水曜

TAYLOR&STONER WEB SITEはこちら