移転のお知らせ

皆様には大変お世話になりました。
新宿での事務所を2020/1/30に閉じて移転することになりました。
今後は通販と下請け業務がメインとなります。

1月30日までは最小のメイン商材は置いてございますので
サイズの確認等ございましたらぜひお立ち寄りください。

オリンピックが終わるまではがんばろうかなと思いましたが
昨年の九月の台風以来とんと店舗への客足が減りまして
事務所を構えやっても意味をなさない状況になりました。

飲み代を稼ごうと思いはじめた下請けですが店舗で売っているより
効率が良くなってしまい店舗で足が出た分を下請け業務からの
持ち出しになり…ザ、まさに本末転倒!
まぁ商品を手にとって購入していただくのが本望なのですが
このまま先行きもわからない景気の中でとどまってもねぇ、
これも時代かなぁと思いつつ移転させていただきます。

なお、販売そのものを辞めるわけではないので今まで通り通販業務
や修理などの対応はもちろん続けますのでよろしくお願いいたします。

新しい電話番号は決まっておりますが28日よりの運用になりますので
28日には新しい電話番号をお知らせいたします。

令和2年1月24日
テーラーアンドストーナー

あけましておめでとうございます。

~謹賀新年~
昨年は格別 の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
本年も、皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので、
何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。
皆様のご健勝のご発展を心よりお祈り致します。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2020

明日は店は開いていません!

明日10/20はゼロオペにCM取材として行くので店は開いていません!ゼロオペ参加の皆様、
コンバットマガジンに載りたい人は私を見つけたら声かけてねぇ!私自身が老害気味なので
それを指摘してくれる若手は無条件で載せちゃうぞぉ!

ちなみに明日の取材陣にはリアルJKめじゃーじじいをインストラクター扱いで用意しておきましたので写真のポーズ及び分隊の展開を撮る時は気をつけてください。老害として指摘します。

分隊の展開時の姿勢及び構えなども撮る時お願いする場合もございます。

ちなみにジジイは酒が好きなのではじめて自分が出来ることを聞いた

明日10/12は臨時休業。

明日10/12は外に出るだけで危険と言われて交通手段もなく無理に来る必要が全く感じられないので臨時休業いたします。

ちなみに10/11金曜日も夕方6時過ぎくらいで店を閉める予定です。

よろしくお願いいたします。
テーラーアンドストーナー

今日は9月23日ですね。やっぱり変わった感じで作りましょう。


ダイアモンドバック リップストップを使ったサコッシュ風バック。
無意味に止水ジッパーを使ったゴージャス仕様
ちなみにジッパー取り出し口は2つあります見えないけど
ブラックにブルーを合わせて秋の空を表現してみた。
だからなんだと言われても僕の気持ちだからこれでいいの。
ちなみに中はインターナショナルオレンジ

あとは彼と仲が良かったお客さんが持ってきたバーガンディーの1000Dコーデュラでファニーパック。
いい色だなぁ…

良い色っすね絶対売れそうですよねって声が聞こえてきそうだ。
まぁこれを良い色とか言うのは周りだけだけだからって突っ込みも聞こえてきそうだが。

というわけで秋のすばらしいサンプルです。
価格は両方¥4,000-です。

UTACTIC RAIDPACK 入荷しました。


まず現在のウクライナは紛争中です。
その中でこのUTACTIC RAIDPACKはSOFに要望にこたえて作られました。

かといってSOFが赤い国に侵攻や越境作戦をすることなどなく
国境沿いの塹壕等で正規軍が赤と向かい合ってるのが現状です。

国内においては補給がありますし長距強行越境偵察の必要性と言うのも無いと思いますので
60L~120Lクラスは必要が殆どないそうです。

必要な容量として、いきなり越境してくる赤い軍団にもぐら叩きをする際
即応部隊として展開するSOF用で最低の荷物でその場で本隊が展開できる時間を
稼げるだけの容量が入れば45+とが大きさ的には適当と言うことらしいのです。

まぁUTACTICを始めた頃からこのバックは云々と言うことを聞いていたのですが…
実物見るとすげーよなぁとか思いましたよ。もっと早くやればよかった

本体はリッドタイプのオーソドックスなバックパックとなります。
もちろんリッドは取り外すことが可能です。(リッドにポケットも付いてます。)

本体のメインコンパートメントにアクセスする際は本体フロントから直接アクセスできるように
大型ジッパーが付いています。

MOLLE対応です。

コンパートメントは上下に2気室となっており希望により区切りされている部分のジッパーを
オープンにすることにより1気室に変更可能です。

下部コンパートメントも外側のジッパーにより直接アクセスが可能となります。

ヨークなのですが、これはいろいろな考え方が有るのでこれが一番とは言いにくいところですが
とりあえず厚い2cm位の厚さは有るのではないか位厚いです。
メッシュも少し硬めな感じですが重ければ重いほど背負いやすくなるんだろうなという感じです。

背面の調整機能はスチールのフレーム兼レールを利用して大体5cm位の上下移動が可能です。

背負った感じはアメリカ製のでかい感じで振り回される感じではなく、サイズを調整してストラップ
を締めていけばいい感じでフィット可能です。


腰ベルトは取り外し可能です。
腰ベルトもぎりぎりまで締めるとかなり細い方でも対応できると思います。


メインの取り出し口。と中のポケット
中のポケットは無線やハイドレーションなど突っ込んでクレトノコトデス。


マルチカム¥38,800-

PROTECTIVE COMBAT UNIFORMとMODIFIED COMBAT UNIFORM

いまさらPCUがどうだこうだって言ってもしょうがないので
PCUのLEVEL5のLサイズ
あたりまえですがサイズはUSです。
¥28,000-税込み
購入ページ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/tands/pcu.html

通常のPCUと一点異なるバージョンになります。
当時といっても2005年位かなぁと思いますが
PCUも最終生産っぽくなってきたときにフードが収納できない一体型が
注文をすると混じるようになって来たときの商品です。
レアっていえばスゲーレアです。

当時はそんなことはどうでもよかったので理由を聞かなかったので、謎のままですが
まあ現物があるので信じてもらうしかないです。
だからカスタム品ではないですよ。どこかがフード出したままで作れよっていった可能性はありますが

基本NSN付き商品なので通常だと大きな変更は無いはずなんですけどね。
まぁ秋になったし適当に悩んでみてください。
殆ど着用はされていないコレクターの方よりの委託です。
¥28,000-税込み

MCU MODIFIED COMBAT UNIFORMですね。
これはPCUがパタに移行する前にPCUの欠点を直してパタと勝負した一品ですね。
上下セット¥25,000- 
購入ページ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/tands/mcu.html

まぁORCと言う会社は半官半民みたいな会社で地域のリハビリと言うか
そういう人たちを雇用している会社なわけです。
もちろん卸価格は設定されていないので当時ORCが使っていたやたら高額だったDHL
をUSPSに変更してもらいその差額をマージンとして考えていました。
今はなぜか価格が逆転している不思議

そんななかPCUの在庫がなくなってきた状態でMCUを出してきたわけですが
さすがにこれはメーカーになんだこれって聞きましたよ。

ようはPCUの悪いところを変更してあらたに米軍向けにに作ったんだよって。
が、しかしPCUはパタになったんで思いっきりトライアルで負けたんでしょうねwww

モデファイドされた改造点は小さすぎて使いづらい肩ポケットの大型化とか
止水ジッパーの廃止、熱くなりやすいブラスのドレンホールの廃止等です。
通常のアウトドア用に使うのであったら凄く便利だと思います。
あと2005年以降のPMCコスとか

冷静に考えるとPCUより使いやすいはずですからねぁ

殆ど着用はされていないコレクターの方よりの委託です。
上下セット¥25,000- 

P1Gの靴下入荷!これ侮れないです。


春くらいにこの商品をメーカーからいただいてしばらくはいてみたんですけど
けっこう侮れません。
私感になりますがけっこうな高級靴下と比べてもコスパも良いし履き心地も良く甲乙つけがたいくらいです。まぁSUMMERソックスと書いてあるようにウールがメインではないのですがとてもそんな
感じがしません。はじめてはいた時の感じはおっとブルジョア靴下かなって思いました。

SMALL 25.5cm-26.5cm
MEDIUM 27.5cm-28.5cm
このソックスはコットンをメインにOEKO-TEX STANDARD100をクリアした体に優しい生地
素材綿75% イラスティック5% ナイロン20%
 
騙されたと思って履いてもらいたい商品です。

SUMMER MILITARY BOOT SOCKS “SDS” (SUMMER DAY SOX)
ロングブーツソックス
https://store.shopping.yahoo.co.jp/tands/ua281-50001-f6-fg.html

SUMMER MILITARY BOOT SOCKS “SHS” (SUMMER HIKING SOX)
ショートブーツソックス
https://store.shopping.yahoo.co.jp/tands/ua281-51001-f7-sg.html

本日7月3日水曜日は19時頃までオープンしております。 明日7月4日は臨時休業となります。 ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。 テーラーアンドストーナー

本日7月3日水曜日は19時頃までオープンしております。
明日7月4日は臨時休業となります。
ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

テーラーアンドストーナー

忘れていたUtacticブラックタクティカルパンツ32ロング入荷

Utacticのタクティカルパンツですが裾はばが20cmでかなりスリ\nムな感じです。サイドのカーゴポケットは浅くマガジンをいれても抜きやすいような設計。

在庫カラーサイズがオリーブ30Sとコヨーテ32Sとなります。黒は取り置き商品で価格は¥11000

大変申し訳ございません6月16日日曜日臨時休業となります。 ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

大変申し訳ございません6月16日日曜日臨時休業となります。
ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

テーラーアンドストーナー

おじさん流行に流されて流行の形のチェストを作った…¥6,264税込み これでいいや


まぁ、なんとなくこういう感じになっていくんだろうなぁとは薄々は気が付いてたよ。
でもねチェストリグは、これじゃないといけないみたいな回顧主義みたいなぁ
そもそも、サバゲー初心者の方々から中級者に可能な限り安くそして日本で作った商品を販売したいわけなので。
イコール流行の形の商品が正論ですよね。

下にもポーチつけられるし(下につけているポーチはUTACTICの商品です。ちなみに別売り¥6,480)

初心者の方々全てではないでしょうが予算的にレプリカしか無い状況下でいくらレプが嫌い
スペシャルス○ーカント○ーズピーポーが作った商品が嫌いといっても選択枠がなければしょうがないですもんね。
まぁ初心者の方でも特定の装備を揃えたいと言う人たちにはお役に立てませんけど。
一応、全ての素材(糸を含む)はアメリカ製のMILSPECの集合体なので、素材に関しては
アメリカ製の装備と同じようなものです。まぁ作っているのが日本ってことかな。
ただITWのバックルを6個も使用しているので原価で考えるとちとブルーですねぇ…
考えないと
本当は¥6,000-切りたいんだけどなかなかねぇ…

チェスト単独

今回は色々確かめるためにわざわざウェッビングも黒マルチの余った生地でウェッビング作りましたが
今後はやらない…だって面倒くさいんだもん。

じゃあ黒マルチウェッビング使えよって思うかもしれませんが、あんなに原価が高い商品使うわけない。

ただ作るにあたり色々な意見をいただけたのでその意見を参考にベルクロの利用の仕方などを考え
背面ウェッビングは細工しました。

マガジンの配列に関して言えば左右同じ配列なので最低のアクセスはしやすいと思います。
配列については言っていただければその通りに作れます。

価格¥6,480- 色は言ってね。

サバゲで使えそうなチェストリグはどこまで安く作れるか。と言う話


最近チェストリグとファニーポーチ、あとすばらしい下請けというか商品製作というか
ちなみに下請けというか商品製作をしていると飽きるので別のことをしたくなります。
だがチェストリグは金になりませんねw
まぁ乗りかけた船なのでとりあえず飽きるところまで目指しましょう。
とりあえず商品のサンプル的な感じなので適当に大きさと形の確認してみましょう。
販売金額は¥7,000-税別で想定してみました。
とは言っても全ての部材はアメリカ製のMILSPEC素材を使います

十分実現可能な金額でしょうね。

どの商品もそうなのですが形が同じだからといって見えない部分の仕様が同じ
だと言うことはありません。

目指すところはSDSのCQBダブルと言う米軍官給品の商品で究極の手抜き
というか簡素化された軍用商品です。今回はそっちを目指します。
マガジンポーチの規格はダブルで縦8インチ横3インチ幅2インチなので大きさを
出すのは小学校の図形より楽です。

写真Aと写真Bを比べて基本形であるマガジンポーチを簡素Aと簡素Bで比べていきます。
使われる素材はほぼ同じで裏部分と一体化されたフラップとマガジンを包む生地2枚で
構成されています。
(表題の安くをモットーに話を進めるのですべて簡単に作る仕様)
写真Aはイラク戦争初期に見られるSDSなどの作り。
写真Bはチェストリグにつけるために底がある作り。

Aは底辺をジャバラ状にして上からバイアスで囲ってしまうので慣れれば10分もあれば
作れると思いますが問題はマガジンポーチを入れたときに底が持ち上げられて少し反り
あがります。PALSにつけることを前提に作れば簡単で大量に作れると言うザ、廉価版
です。ただいくら簡単に作れてコストダウンできるからといってチェストにつけると
底のそり上がりがいかせん無理…


と言うわけでちゃんとボックス形にして作る必要性が出てくるわけです。
ちなみにここで言うマガジンポーチは一本保持の流行の物ではありません。
なにせMOLLEが嫌いなので…越えたい壁ですね。
Bに関しては先にフラップ用の生地をバイアスで処理しておきます。

Aはトップをバイアスで処理して上からさらにラップなので角を気にする必要がありません。
クレイっぽくするのが一番らくだと思います。
誰でも簡単に処理できるデザインを行っているクレイの生産効率はかなり高いでしょう。

ちなみに、いちいちほつれ防止してが面倒くさいのでBは角を折り込み処理をして処置しています。

Bのほうが底を作る作業と上からBOX部分を縫い付けると言う2工程増えますが仕方が無い。
安価に作るため裏地などは一切使いません。
しかしながら、ミルスペックの生地を使ってミルスペックの糸でそれなりのミシンで縫い
合わせれば強度的にはまったく問題ないはずです。

だってそうなるように作っている規格品ですから。
まぁ、だから規格品使えよってことなのでしょうね。

では出来た商品をレイアウトして組み立てていきましょう。
フルサイズチェスだと安価には出来ませんね生地とかもろもろ面倒くさいので原価アップしてしまいます。

そこで最近系のミニチェスと、ぶっちゃけミニチェストにダブルマガジン付いているのは見ませんでしたが
とりあえず、それっぽく作ればOKだろということでカンガルーに2本、そしてメインに2本最大4本これだけ有ればサバゲでも使えるでしょう。でマガジン2本だと残りのこま数も…
と言うことでアドミンっぽい形のポーチを作りメイン生地を埋めてみましょう。
ラフな感じで形が出来れば商品を作る際の気をつけるポイントがわかります。
まぁ、ある程度部品の場所をずらして再構築すれば綺麗になりますが…
と思ったのですが、最近の物と古い形の物との融合みたいになったので
もうひと回り小さくして、そして、あれ、ポーチの形も似合わないので越えられない壁を考えるか

ここまで当初希望販売価格以内で収まるはずなので材料とか贅沢言わなきゃいけるな。
時間的なものも慣れればファニーポーチと同じような感じでできそうだし。
あとはベルクロとバックルをなるべく少なく出来る方法を考えるか

めざせ俺の考える最高に利益率がいいチェスト