Karrimor Sf Sabre30とPredator30入荷 Taylor & Stoner Blog

Karrimor Sf Sabre30とPredator30入荷。
若干値上げしました。

Taylor&Stonerのページ

店舗案内図

Karrimor Sf ファクトリーアウトレット入荷しました。TAYLOR AND STONER BLOG


生産中止モデルとなります。
DPMカモを探している方がいらっしゃいましたらお勧めです。
ちなみにプレデターコンバットベストは3年位しか生産されて無いモデルです。

これらの商品をはやりの店風に言わせていただくと

プレデター コンバット ベスト¥15,800-
『英軍の特殊航空部隊(注:多分SASを直訳した感じ)のために作られた
専用ベストでイラクやアフガンにて特殊部隊の隊員が着用しているスペシャルモデルとなります。
この機会にぜひ手に入れたい一品ですね。』

Karrimor Sf Sabre45 DPMカモ ¥19,800-
『SABRE45 DPMモデルは写真にあるようにベルギー軍に正式に使われているモデルとなります。
このモデルはヨーロッパのミリタリーバックパックのスタンダードモデルでNATO軍に使われています。』

うん!こんな感じですねぇ
上記説明はすべて適当です信じないでね。

Karrimor Sf Sabre Combat Vest DPMカモ ¥24,800-
Karrimor Sf Sabre Combat Vestは、適当にかける要素が無いので、ここだけ普通に簡単に説明します。。
『このベストがリリースされたのが2007年から2008年で英国ブランドのこの手のベストにおいては弾薬至上主義で
大量に弾薬を持ち運べるベスト(アークティスのハイブリットベストとかプロタックのコンバットベストなど)
が幅を利かせていた最後の時代となります。単体ベストからモーリー装備を採用してアーマーベスト直結装備になって
急速にこのてのベストが衰退していきました。とはいってもこのベスト全面モーリーだったりする過渡期の装備です。』

Taylor&Stonerのページ

店舗案内図

Karrimor Sf PREDATOR UNDER ARMOUR YOKE入荷 Taylor&SToner Blog


Karrimor Sfのアーマー用アンダーヨークが入荷いたしました。
写真の通りアーマーの内側に使用できるロウプロファイルのサスペンダーです。
べつにアーマーの下だけに使用しなくてもいいんじゃないかとは思いますが、商品名がそうだからしょうがない!
商品の目的を正確に伝えるないといけません。
ちなみに、Karrimor Sfのブランドタグはついていないですよ。
アメリカだったらロープロファイルなんちゃらサスペンダーとかかっこいい名前付けると思いますが、
まんまの商品名がイギリスのブランドっぽいです。

Karrimor Sf PREDATOR UNDER ARMOUR YOKE ¥1,800- 消費税¥144-と思ったのですが
合計金額が微妙に¥2,000-いかないな・・・税込み¥2,000-でいいか!!
そうしよう!となりました。

Taylor&Stonerのページ

店舗案内図

Karrimor Sf Sabre30,35とPredator30のショルダーストラップの長さについて Taylor&Stoner Blog


アマゾンで価格を見ていたらSabre30のショルダーストラップが短くて使えないと書いてありました。
今までは他店と区別するため店舗に来店していただいたお客様やお電話にてお問い合わせしていただいた
お客様には説明させていただきましたが・・・

写真はSabre30とPredator30の最大延長ストラップの長さの違い。

これ以上放置して悪い噂になると困るのでこの場所を借りてご説明させていただきます。

何度か説明はしましたがSabre30は現用戦の装備には対応していません。
この前ブログでご説明させていただきましたが基本的には最近流行のだらんと下がり目に背負うことは想定されていません。
そのためストラップを長くする必要性は無いということをご理解ください。
ストラップは最大まで引っ張り上げてリッドが頭の横くらいまで来るのが本来の姿です。

それではなぜ?Predator30のストラップが13cm長いかと言うと現代戦において防弾チョッキが必須になっていますので
その分の厚さ長くしなければいけなくなってきます。それが長くなっている理由です。

以下、そのときのブログ
https://taylorandstoner.wordpress.com/2014/02/21/karrimor-sf-sabre30%E3%81%8C%E3%81%AA%E3%81%9C%E8%BB%8D%E7%94%A8%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AA%E3%81%AE%E3%81%8B%E3%80%80taylorstoner-blog/

結論:女性などはいまどきの使い方でもSabre30でも良いのかもしれませんが、背中が広い男性等はSabre30よりPredator30
のほうがお勧めできます。

もう引っ越したいなぁ!この場所から。。

Taylor&Stonerのページ

店舗案内図

Karrimor Sf Sabre30,Predator30入荷 Taylor&Stoner Blog

なぜか4月1日からKarrimor Sf が値上げされてましたね。
ようやくかwwまあいいや。値上げされたんだし。

ところで当店はKarrimor Sfのオフィシャルディーラーなので、入荷する際の価格って相場によって
変わるんですよね。
考えてみると定価とか便宜上付けているだけなので今月から変動性にしていいですか?
今月はいくらみたいな感じで同じモデルでもカラーによって価格が違うみたいな感じで!
うんそうしよう。

2014/04、今月の価格
:Karrimor Sf Sabre30 Black¥18,387-税込み 
:Karrimor Sf Predator30 Black¥19,143-税込み
:Karrimor Sf Predator30 Coyote¥19,143-税込み 
:Karrimor Sf Sabre35 Black¥21,058-税込み 
となります。

もう引っ越したいなぁ!この場所から。。

Taylor&Stonerのページ

店舗案内図

デイリーユース用バックとしての大きさの比較 Taylor&Stoner Blog

単品で写真をとっても大きさの比較がいまいちなんでKarrimor Sf Sabre30
とHonorpoint ZOTを比較してみました。

こんな感じです。

人により感じ方が違いますので何を言っていいのかわかりませんが、
まあ中の仕切りなどもありますのでHonorpointの方が電車の中では使いやすいです。
結局は目的がなにかってやつだとおもいます。

Taylor&Stonerのページ

HONORPOINT USA販売ページ


店舗案内図

Karrimor Sf Sabre30がなぜ軍用パックなのか Taylor&Stoner Blog


Karrimor Sf Sabre30及びPredator30のウエストベルトをウエストで固定して
ショルダーストラップを引っ張ると、ちゃんと固定できないなんでだろう?
と思われた方がいると思います。


カリマーSFのパック(デイパトロール用)は一般の生活に使用する程度であれば問題ないとは思います。
むしろかっこいいかもしれません。
しかし登山用パック(ウエストベルトをちゃんと腰に固定して重さを分散させるパック)とは基本的に考え方は違います。
上記2種類のパックは基本的にデイパトロール用を考慮されデザインされています。
デイパトロールに出かける兵士は写真のようにベルトキット(英軍のものがないので昔の米軍)を装備します。
ベルトキットを装備すると主要装備がウエストの位置に来ることが写真で確認できると思います。
つまり、バックパックのウエストベルトが腰に来ると装備に干渉することになります。
命に次に大切な弾丸などがすばやく取り出せません。
で、デイパックのウエストベルトは単なる腹部でパックのゆれを防止するための固定用ベルトということになります。
大きさが大きさなので気になる方々はさほどいらっしゃらないとは思いますが
基本的には腰ベルトに重量を拡散させて背負いを楽にさせるととかの考えではないということをご考慮いただきご検討
していただければ幸いでございます。


まあ夏山登山の軽装で500m以下の山でハイキングコースのみを歩くとかであればいいのかなとは思います。
軍用パックは人に合わせて作られていません。使用される目的の任務が何かで作られています。
とは言ってもカリマーSF等のヨーロッパ系の軍用パックはまだ一般的使用に関してやさしい
アメリカ軍用ブランドのパックはもっと使用するシチュエーションの細分化が激しいです。

HONORPOINT USA販売ページ


店舗案内図