スクールタイプはこれでいいよ。でも使った迷彩はオールテラインタイガー

スクール形Kタイプを先日通り大きさの変更を行いショルダーストラップも細身に戻し
ポケットの位置を調整してさらに迷彩をタイガーストライププロダクションの
マルチカムっぽいキモイぃぃぃタイガーストライプにして!
すでにスクールバックではないような気もするが

おおおおおおおおいいじゃん!
シンプル イズ ベストじゃん!と思ったが
どこからどうみてもミリタリー臭が消えない…
まぁミリタリーチックを本物を使ってどこまで出来るか?で作っているので
これで良しとすれば良いのだが…

3Cより生地が高いので¥9600-

3Cで¥8600-バージョンも作ろう

Taylor&Stonerのページ

スクール形Kタイプをミリタリーチックに変更サンプル

スクール形Kタイプをミリタリーチックにサンプルを作ってみたわけですが
今回確認したかったことは理由がなんとなくわかっているのになぜ?です。
ちなみに3Cを使ったのは20年以上前になんとなく流行っていた様な気がしたから
しっかしこのてのタイプはみな同じように見えるがブランドにより微妙に細部が違いおもろいですね。

基本的にミリタリーパックのショルダーストラップはより体にフィットする
シェープタイプが使われていてスクール形はストレートって感じです。
まあストレートのほうが材料も半分位ですむので量販タイプにはもってこいなわけです。

ここで疑問なのですがアメリカの軍用バックのストラップは太いのが基本かな(例外もありますが)
ただしスクール形にかんしてはストレートで細身のストラップ。

ではなぜスクール形で太目がないのだろう(シェープタイプじゃないので干渉するからだろ)
と思ったのでリアルに作ってみました。予想通りでした。

普通に作ろうとおもった。

あとデザイン的にもうひと回り大きくしてフロントポケットが下すぎなので上に3cmほどあげて、
横のコンプレッションストラップはミリっぽくするためにつけたけどどうなの?
再検討しないと…
そしてOやJよりもこのデザインのほうがミリっぽくなるね。
もちろんストラップは使いやすい細身に変更しますよ。

これなら¥8600-でいける!

Taylor&Stonerのページ

スクールバックパックっぽい感じの試作品

コンセプトとして1万円以下でがちなミリタリーを感じてもらえるようなバックパックです。

まぁ、このデザインは王道なので別に何かするわけではないのですが
ミリタリーっぽい感じを出すためにベルクロをフロントに貼り付けて
サブコンパートメントのマチの出し方をマガジンポーチのボトム処理っぽくしてぇ
あとは1万円以下販売できるようにパーツの点数をなるべく少なく単純な構造
にしてって感じですがパーツとか素材やスレッドまで軍用品だから丈夫って言えば
丈夫なんだけど、この前出したレキパックなんかはショルダーストラップ基部で
3回バイアス含めると4回とか縫っているのを2回とバイアスにしてみたりと。

ただ500Dを使う以上あまり縫いすぎると生地が負けちゃうので実際はこのスクールバックくらいが
適正なのかもとか思ったりするんですよね。

前のレキパックはウェッビング含めての多重縫いしてるのでそのへんは問題ないんですけどね

あとは大きさ再確認して形調整して細部を考えて作ればOK。
ちなみにクレイの白と黒でパンダみたいなカラーリングにしてあるのはパーツパーツの作りが見やすいようにしてあるだけだから気にしないでね。
外側の立体ポケットを本体に直接付いているポケット仕様もわるくないかなぁ

あとねタグは付いてるけど表に出せないんですよwww

Taylor&Stonerのページ

Mystery Ranch REMOVABLE BELT POKET(背面はMOLLEにも対応だよ)入荷


Mystery Ranch REMOVABLE BELT POKETが入荷しました。

現用系ミリタリー系の人にわかりやすく説明するとスモールユーティリティーポーチ
大きさはPALS 横4コマ*縦4列

普通の人に説明するとベルトに通せる煙草が入るくらいよりひと回り大きい入れ物
大きさは14.5cm*10cm*最大幅部分3cm(マチはかまぼこ型になっているのでその最大幅部分です)

ミスランマニアの人はREMOVABLE BELT POKETか?
大きさ 知ってるでしょう・・・

使いやすい後付けポーチです。
価格: ¥3,456(税込)

お買い上げしていただいたお客様にはミステリーランチステッカープレゼント。
ステッカーの在庫限り

Taylor&Stonerのページ

名前はRECCE PACKでいいやという製品版第一号が出来た


とりあえず売るものが無いとなんにもナラナイト…
というわけでとりあえずは第一号を作ってみましたが、ぶっちゃけかっこよく出来てます。
まぁRECCE PACK偵察かばんみたいな名前を便宜上つけましたがこれは初回サンプルのショートタイプで
作っています。バランスが日本人の場合ショートタイプのほうがいいんですよ。
日常使い最優先ですね。
それでも25Lはあるはずなのでかっこいいからこれでいいや。
ロングタイプのRGのサンプルは?あああああれは注文あれば作ればいいだろくらいの感じ。
まぁロングタイプもマルチのトロピックで作ればぶひぃとか思ったんですがRGはじみなんだよ。
ショートとロング作ればいいだけだけどね。

米製の使いづらいところを完全に見直して作っているので使いやすいんですよ

価格は初回リリースバックパックなのでソープで言うところの新人価格で¥18,000-
はじめは¥16,800-でと思ったんですけどね無理だった
面倒くさいからと小言をいわれつつミセスに安く作ってもらってるとは言ってもねぇ…

だがしかしバックパックを2個作るような面倒くさいバックを作るよりもジャン○ポーツ
やアウト○アプロダクツ、ケル○ィーのようなクラシック系のパックを作ったほうが
と言う素晴らしい意見がありましたので今度はそっち系を作ります。

Taylor&Stonerのページ

試作バックパック(仮)25L-30Lサイズ その2


というわけでより完成品に近づいた試作品その2
試作第一号は毎日使って不備を確かめていますがこれと言った不満点はいまのところなし。
まあ僕の場合はエクストリームな使い方しないのでこれ以上何を付け足してよいかはわからないんですけど
正解だったのは5mmフォームこれはものすごく良い!
ある程度の加重を受けても背負い心地は良いまま。
そして薄く干渉しないなので脇にから腰にかけての負担がすごく少なく感じる。

で本題、その2は前回幅を調整するためマチ幅を15cmから12cmに変更したのですが
容量が減るとそれは必要量入らないと言うことで3cm長さを変更しました。
3cmですが見た目は長く感じると思いますがもともと平均胸囲40インチオーバーの
戦士ニシローランドゴリラ用に作っていないので長さ的にはそれほどでもありません。
計算上2.4L減ったのですがそれにより1.7L確保できているので当初の容量はサブコンパートメント
含めると30L弱は確保できたかと思います。

でハイドレーション用のホールはつけていないのですが位置確保と補強だけはしてあります。


こればかりはしょうがないのですが前回のショルダーストラップでなぜウェッビングをケチる
とやはり指摘されたので普通にしました。それによりチェストストラップがつけられるので
フィティングは見間違うように向上しているはずです。
これによりオプションが一つ減ることになりました。
ちっ…どう考えても途中までのほうが縫いも楽だしおしゃれじゃん。

で3cm長さを変更することによりフィティングぼ変わらないのですがショルダーストラップの
ウェッビングの調整幅でいいのかな?が変わりました。
ショルダーストラップの長さやウェビングの取り付け角度で調整できそうですが変わらないからする必要も
ないといえばないのですが…

あとはチェストストラップの稼動範囲を考慮してウェッビングの固定範囲を確定しなきゃ。


サブコンパートメントは他のタイプと違い小さめです。
これは理由が有りまして他のやつアメリカブランドのA3タイプは深すぎるんだよふかーーーーーい。
というわけで一食分のお弁当が入り取り出しやすい深さで作っているだけです。
今回のサンプルはレンジャーグリーンで作りましたが…
地味地味地味ジミーーーーーーーーーーーーー地味すぎます。
まったくオーラがでていません。
たとえるなら出席番号42番で41番までしか呼ばれないくらい存在感のなさ…
やっぱり同じく森林で目立たなくても迷彩の俺!俺!という街使いでのオーラはかっこよい。
これでウェッビングがレンジャーグリーンだったら、存在の耐えられない地味さですよ。

いつかクレイジーカラーで作ってやる!
クレイジーカラー誰か希望しません?


でこれがフィティングなかんじで薄く干渉しない脇にから腰にかけて。

この商品は店頭にありますので御意見、御要望などございましたら
ぜひアドバイスをいただきたいのでソープのついでやデートのついではたまた
3競オートの帰り等とりあえずけちつけてやろうと思う方も含めて週末にで御意見
聞かせていただけましたら幸いでございます。
もちろん気に入っていただいたら即売りますけど。

アドバイスをいただけた方全員に粗品(某有名バックパックメーカーのステッカー)
を御用意させていただきます。

Taylor&Stonerのページ

試作バックパック(仮)25L-30Lサイズ

と言うわけで要求があったバックパックのサンプルが出来たわけですが…
今回は意味もなくクレイのマルチカム アリッドでサンプル
今の流行はクライプレッシャン モーティーキャムって言うの?
欧米か!

まず要求が…
25L-30L
イーグルのA3やKELTY MAP3500やメデックパックのようにガバット開くことができ
バックル類は最低限の使用
ジッパーは見せない
オンアーマーで使用しても問題なし
デカイパックに入れても邪魔にならない大きさ
軽い
価格は2万以下…

聞かなかったけど多分IFF用のベルクロも必要なんだろうな…

以上の要求をもとにサンプルをみていただければと思います。
というかさイーグルかKELTYの小型版って答えはでてるような気もしないではなかったけど
要求通り作っていくとやっぱりこうなるんだな

25L-30L→リッドタイプかスタンダードデザインのスクールパックタイプ?
 リッターだけでデザイン考えてもそんな物は計算すれば大きさは自動的に出てしまうので
 とりあえず次

メデックパックのようにガバット開くことができ→リッドタイプは却下。
 この時点でカリマーやバーグハウス等は参考にすることもできないので却下…
 あることはあったような気もするがスルー

バックル類は最低限の使用→どうにでもなるだろう
ジッパーは見せない→どうにでもなるだろう

オンアーマーで使用しても着け心地問題なし→ショルダーストラップかぁ
 日本人の使用が目的なのでアメリカのタクティカルブランド系のストラップは無視
 ミスラン?予算的に参考にもならねーよ
 ケルティーやカリマーなどを参考にしてみよう。この前入荷しているhonor point NAZなんて
 アジア向けショルダーストラップだしね
 またEVA等のフォームの厚さは?厚いと上から使ったときにかさばるし無しにすると
 と言うことで5mm,8mm,10mmで比べて5mmにしておく。
 なぜ5mmにしたかは次に話そう
 予算の都合もあるのでショルダーストラップをスクールパックみたいにストレート仕様でと思ったが…
 さすがにシャープタイプにしておかないと…その分ウェッビング減らしてやろう
 というかウェッビングケチる必要なかったな…
 けっちたわりには悪くはないがDリングもうチョイ上だな

ちゃんと開くでしょ。そのためドリンクホルダーは却下しました。


デカイパックに入れても邪魔にならない大きさ→EVA等のフォーム+ポリエチレンシートの組み合わせを
 やめればよいだけだ。ハンズで売っているポリエチレンシートは米のタクティカルメーカーが良く使
 っているHDPEなのか疑問だが使うとなればハンズで調達するか
 そこまでアメリカからとると価格が…つーか日本製のほうが良いような気がするし

とりあえずショルダーストラップの背面がメッシュで本体背面は500Dなんですがメッシュが高いので
本体に使うと価格的に危険です!がしかしもちろんオプションっす。

MOLLE(モーリー)をつける場合6コマ3列 もちオプション
ハイドロポケットも別  もちろんオプションwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ちなみにまち幅を15cmでやったらすげー横からみると巨大になったので12cmに変更
なので26.5Lくらいになったと思う。

バックル類はコンプレッションの部分に1インチとストラップにスライダー
ITWだから問題ないと思いますよ。

Taylor&Stonerのページ