今日は9月23日ですね。やっぱり変わった感じで作りましょう。


ダイアモンドバック リップストップを使ったサコッシュ風バック。
無意味に止水ジッパーを使ったゴージャス仕様
ちなみにジッパー取り出し口は2つあります見えないけど
ブラックにブルーを合わせて秋の空を表現してみた。
だからなんだと言われても僕の気持ちだからこれでいいの。
ちなみに中はインターナショナルオレンジ

あとは彼と仲が良かったお客さんが持ってきたバーガンディーの1000Dコーデュラでファニーパック。
いい色だなぁ…

良い色っすね絶対売れそうですよねって声が聞こえてきそうだ。
まぁこれを良い色とか言うのは周りだけだけだからって突っ込みも聞こえてきそうだが。

というわけで秋のすばらしいサンプルです。
価格は両方¥4,000-です。

UTACTIC RAIDPACK 入荷しました。


まず現在のウクライナは紛争中です。
その中でこのUTACTIC RAIDPACKはSOFに要望にこたえて作られました。

かといってSOFが赤い国に侵攻や越境作戦をすることなどなく
国境沿いの塹壕等で正規軍が赤と向かい合ってるのが現状です。

国内においては補給がありますし長距強行越境偵察の必要性と言うのも無いと思いますので
60L~120Lクラスは必要が殆どないそうです。

必要な容量として、いきなり越境してくる赤い軍団にもぐら叩きをする際
即応部隊として展開するSOF用で最低の荷物でその場で本隊が展開できる時間を
稼げるだけの容量が入れば45+とが大きさ的には適当と言うことらしいのです。

まぁUTACTICを始めた頃からこのバックは云々と言うことを聞いていたのですが…
実物見るとすげーよなぁとか思いましたよ。もっと早くやればよかった

本体はリッドタイプのオーソドックスなバックパックとなります。
もちろんリッドは取り外すことが可能です。(リッドにポケットも付いてます。)

本体のメインコンパートメントにアクセスする際は本体フロントから直接アクセスできるように
大型ジッパーが付いています。

MOLLE対応です。

コンパートメントは上下に2気室となっており希望により区切りされている部分のジッパーを
オープンにすることにより1気室に変更可能です。

下部コンパートメントも外側のジッパーにより直接アクセスが可能となります。

ヨークなのですが、これはいろいろな考え方が有るのでこれが一番とは言いにくいところですが
とりあえず厚い2cm位の厚さは有るのではないか位厚いです。
メッシュも少し硬めな感じですが重ければ重いほど背負いやすくなるんだろうなという感じです。

背面の調整機能はスチールのフレーム兼レールを利用して大体5cm位の上下移動が可能です。

背負った感じはアメリカ製のでかい感じで振り回される感じではなく、サイズを調整してストラップ
を締めていけばいい感じでフィット可能です。


腰ベルトは取り外し可能です。
腰ベルトもぎりぎりまで締めるとかなり細い方でも対応できると思います。


メインの取り出し口。と中のポケット
中のポケットは無線やハイドレーションなど突っ込んでクレトノコトデス。


マルチカム¥38,800-

PROTECTIVE COMBAT UNIFORMとMODIFIED COMBAT UNIFORM

いまさらPCUがどうだこうだって言ってもしょうがないので
PCUのLEVEL5のLサイズ
あたりまえですがサイズはUSです。
¥28,000-税込み
購入ページ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/tands/pcu.html

通常のPCUと一点異なるバージョンになります。
当時といっても2005年位かなぁと思いますが
PCUも最終生産っぽくなってきたときにフードが収納できない一体型が
注文をすると混じるようになって来たときの商品です。
レアっていえばスゲーレアです。

当時はそんなことはどうでもよかったので理由を聞かなかったので、謎のままですが
まあ現物があるので信じてもらうしかないです。
だからカスタム品ではないですよ。どこかがフード出したままで作れよっていった可能性はありますが

基本NSN付き商品なので通常だと大きな変更は無いはずなんですけどね。
まぁ秋になったし適当に悩んでみてください。
殆ど着用はされていないコレクターの方よりの委託です。
¥28,000-税込み

MCU MODIFIED COMBAT UNIFORMですね。
これはPCUがパタに移行する前にPCUの欠点を直してパタと勝負した一品ですね。
上下セット¥25,000- 
購入ページ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/tands/mcu.html

まぁORCと言う会社は半官半民みたいな会社で地域のリハビリと言うか
そういう人たちを雇用している会社なわけです。
もちろん卸価格は設定されていないので当時ORCが使っていたやたら高額だったDHL
をUSPSに変更してもらいその差額をマージンとして考えていました。
今はなぜか価格が逆転している不思議

そんななかPCUの在庫がなくなってきた状態でMCUを出してきたわけですが
さすがにこれはメーカーになんだこれって聞きましたよ。

ようはPCUの悪いところを変更してあらたに米軍向けにに作ったんだよって。
が、しかしPCUはパタになったんで思いっきりトライアルで負けたんでしょうねwww

モデファイドされた改造点は小さすぎて使いづらい肩ポケットの大型化とか
止水ジッパーの廃止、熱くなりやすいブラスのドレンホールの廃止等です。
通常のアウトドア用に使うのであったら凄く便利だと思います。
あと2005年以降のPMCコスとか

冷静に考えるとPCUより使いやすいはずですからねぁ

殆ど着用はされていないコレクターの方よりの委託です。
上下セット¥25,000-