サバゲで使えそうなチェストリグはどこまで安く作れるか。と言う話


最近チェストリグとファニーポーチ、あとすばらしい下請けというか商品製作というか
ちなみに下請けというか商品製作をしていると飽きるので別のことをしたくなります。
だがチェストリグは金になりませんねw
まぁ乗りかけた船なのでとりあえず飽きるところまで目指しましょう。
とりあえず商品のサンプル的な感じなので適当に大きさと形の確認してみましょう。
販売金額は¥7,000-税別で想定してみました。
とは言っても全ての部材はアメリカ製のMILSPEC素材を使います

十分実現可能な金額でしょうね。

どの商品もそうなのですが形が同じだからといって見えない部分の仕様が同じ
だと言うことはありません。

目指すところはSDSのCQBダブルと言う米軍官給品の商品で究極の手抜き
というか簡素化された軍用商品です。今回はそっちを目指します。
マガジンポーチの規格はダブルで縦8インチ横3インチ幅2インチなので大きさを
出すのは小学校の図形より楽です。

写真Aと写真Bを比べて基本形であるマガジンポーチを簡素Aと簡素Bで比べていきます。
使われる素材はほぼ同じで裏部分と一体化されたフラップとマガジンを包む生地2枚で
構成されています。
(表題の安くをモットーに話を進めるのですべて簡単に作る仕様)
写真Aはイラク戦争初期に見られるSDSなどの作り。
写真Bはチェストリグにつけるために底がある作り。

Aは底辺をジャバラ状にして上からバイアスで囲ってしまうので慣れれば10分もあれば
作れると思いますが問題はマガジンポーチを入れたときに底が持ち上げられて少し反り
あがります。PALSにつけることを前提に作れば簡単で大量に作れると言うザ、廉価版
です。ただいくら簡単に作れてコストダウンできるからといってチェストにつけると
底のそり上がりがいかせん無理…


と言うわけでちゃんとボックス形にして作る必要性が出てくるわけです。
ちなみにここで言うマガジンポーチは一本保持の流行の物ではありません。
なにせMOLLEが嫌いなので…越えたい壁ですね。
Bに関しては先にフラップ用の生地をバイアスで処理しておきます。

Aはトップをバイアスで処理して上からさらにラップなので角を気にする必要がありません。
クレイっぽくするのが一番らくだと思います。
誰でも簡単に処理できるデザインを行っているクレイの生産効率はかなり高いでしょう。

ちなみに、いちいちほつれ防止してが面倒くさいのでBは角を折り込み処理をして処置しています。

Bのほうが底を作る作業と上からBOX部分を縫い付けると言う2工程増えますが仕方が無い。
安価に作るため裏地などは一切使いません。
しかしながら、ミルスペックの生地を使ってミルスペックの糸でそれなりのミシンで縫い
合わせれば強度的にはまったく問題ないはずです。

だってそうなるように作っている規格品ですから。
まぁ、だから規格品使えよってことなのでしょうね。

では出来た商品をレイアウトして組み立てていきましょう。
フルサイズチェスだと安価には出来ませんね生地とかもろもろ面倒くさいので原価アップしてしまいます。

そこで最近系のミニチェスと、ぶっちゃけミニチェストにダブルマガジン付いているのは見ませんでしたが
とりあえず、それっぽく作ればOKだろということでカンガルーに2本、そしてメインに2本最大4本これだけ有ればサバゲでも使えるでしょう。でマガジン2本だと残りのこま数も…
と言うことでアドミンっぽい形のポーチを作りメイン生地を埋めてみましょう。
ラフな感じで形が出来れば商品を作る際の気をつけるポイントがわかります。
まぁ、ある程度部品の場所をずらして再構築すれば綺麗になりますが…
と思ったのですが、最近の物と古い形の物との融合みたいになったので
もうひと回り小さくして、そして、あれ、ポーチの形も似合わないので越えられない壁を考えるか

ここまで当初希望販売価格以内で収まるはずなので材料とか贅沢言わなきゃいけるな。
時間的なものも慣れればファニーポーチと同じような感じでできそうだし。
あとはベルクロとバックルをなるべく少なく出来る方法を考えるか

めざせ俺の考える最高に利益率がいいチェスト

広告