POLARTEC DELTAのMIDWEIGHTと普通のを比較しないとわかりませんよね。


で左のグレーがMIDWEIGHTで生地が通常のものより厚手
右側が通常のポーラテック デルタ。けっこう薄い。
けっこう薄いから体がたるんだ人がタイトなサイズを購入すると、あそこがポチッとなる。
で下が説明
https://taylorandstoner.wordpress.com/2018/04/12/281z-frogman-range-shirt-polartec-delta%E5%86%8D%E5%85%A5%E8%8D%B7%E3%81%A8%E5%8F%8D%E7%9C%81%E3%81%AE%E5%BC%81/

それに比較してMIDWEIGHT生地はどうかと言うと生地が厚い分若干ではあるけど印象として
汗のひきは通常のものより遅い気がするが、それはデルタと比べるからであって他のミッドウェイト生地
に比べればぜんぜん早くひく。
裏はニット織りとなり基本的な意図は同じで全面を肌につけないようにすることにより肌とシャツの中に
空間を設けて発汗時でもべとつかず快適にクーリング出来るって感じ。

2枚ともサンプル着用していますが、どちらが優れているかとか聞かれても答えられない。
はっきりいえる事はここ20年でアウトドア系のベースレイヤー素材の進歩ははんぱないので
ぶっちゃけ言えることは、一流生地メーカーが他に負けないと自負する最新生地にかんしては
確かにすごいと思う。

2016年にデビューしたポーラテックデルタに関して現状で考えたら、特に日本の真夏のような湿度が高く高気温の使用には確かにトップクラスかも。
後だしジャンケンで負けるやつがいないのと一緒ですが

だがしかし他のブランドがさらに良いものを数年後に出した場合それはそれでちがうんだろうな。

技術の進歩ってすごいなぁとか思いつつ次はどのくらいの高価格帯になるんだろうなぁと思う今日この頃。

あっ忘れていた。
POLARTEC DELTAのMIDWEIGHTってブログに単独で書いてない  まぁいいか

追伸、送料が若干高くなり多分3%くらいの値上げをいずれしなければいけませんが今夏に関しては
俺様の利益が減ったとしてもこの価格でやらせて頂きます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中