Patagonia L9 Combat Uniform Retro khaki MR


ラスト一着になりページから引っ込め店の飾りとして活躍してくれた
Patagonia L9 Combat Uniform Retro khaki Medium-Regular 新品
写真が見つからない服なのでなかなかあれですが
官給品のパタゴニアと違い下請けに作らせていない純粋なパタゴニア製


でパンツ 32Regular 新品
まぁ当時上下セットで10万位で打っていたようきもしますが
このご時勢そんな価格では…
というわけでご希望の方がいらっしゃいましたらご連絡ください。
上下セットがいいなぁ

基本的にはオークションとかより安く出来ると思います。
この商品は当時米軍の入札で余った商品を買い付けたので
どこの会社がどの部隊がいる基地に卸していたまでは聞いたので答えられます。

Taylor&Stonerのページ

ATLAS46のBunkerJeansとLEVIS501を比較してみました。


やっぱりジーンズはサイズ的なものを書かないと駄目だと言うことがわかりました。
というか比較できるものがないといくらアメリカ製ジーンズだとは言っても無理。
サイズを聞かれる方がいるのもうなずけます。

まず比較したサイズはウエスト32インチ 股下30インチ
だがしかしLEVIS501に関しては中古なので新品のサイズではないと思いますが
そんな感じ
左が   ATLAS46 右が LEVIS501
わたり幅 32cm       31cm
裾幅   22cm     21cm
リーバイス501に関しては下にATLAS46を敷いてありますので
ATLAS46BunkerJeansのほうが若干太いのがご理解していただけると思います。
ATLAS46BunkerJeansはアメリカ製ストレッチデニムを使用していますので
動きやすさに関しては100%綿である501より動きやすいですね。


股上
左が   ATLAS46 右が LEVIS501
股上   31cm      30cm

LEVIS501は完成されたデザインですのでスタンダードジーンズの代表ですが
ATLAS46BunkerJeansは若干現在の流れなんですかね若干501よりはローライズ
です。


後ろの股上
左が   ATLAS46 右が LEVIS501
股上   37cm      39cm

裾上げに関してですがこのジーンズはストレートなのでどこでも裾あげはしてくれると思います
が使ってる糸が特殊でナイロンスレッドのミリスペックTAN499かコヨーテ498を使っていますので
ご希望の方は一回お預かりになるとは思いますがサービスで裾あげいたします。

感想:ジーパンはこだわりが強くて面倒くさい商品だなって…
ただ501なんかよりわたりが太いのでタクティカルだしおっさん体型に似合うことは間違いないんだけどね!

Taylor&Stonerのページ

MYSTERY RANCH SPARTAN ミステリーランチ スパルタン 黒 中古委託品入荷


ミステリーランチの絶版モデルスパルタンの中古美品です。
程度は良いと思います。
PALS部分には使用跡はありません

ジッパースライダーは使用感あります。
外側止水ジッパー部分のはがれはありませんが使っていたんだろうな感はあります。

内部は染み等なくとても綺麗です
コーデュラの内部コーティングは蓋?といってよいのかわかりませんが折り曲げる部分
に多少ですがほころびがございます。

フロントのチェストストラップの3/4バックルの表面に多少傷有り
ヨーク部分には往年のモデルの証ミステリーランチのタグが付いています。

底部分に目立たない汚れ?があります。

気になる方がいらっしゃいましたらお電話いただければ
ご説明させていただきます。

価格は¥18,000-全てです

Taylor&Stonerのページ

281ZデザインFROGMAN SHIRTS POLARTEC DELTA 再入荷


はじめのうちコヨーテがいまいちでやる気をなくしていましたが商品自体を微妙に知っていただき
ポーラテックデルタも使ってみたいとのご意見も有りバリーエションを増やすためにコヨーテも入れました。
ちなみにのショートスリーブベースレイヤー グレーに関してはメーカーにもSサイズとLサイズが欠品なので新規入荷はなく在庫のSサイズ1着のみとなります。

入荷サイズは
色コヨーテ ショートスリーブベースレイヤー
Mサイズ、Lサイズ
色グレー ショートスリーブベースレイヤー
Mサイズのみ
色 レンジャーグリーン ショートスリーブベースレイヤー 
Sサイズ、Mサイズ、Lサイズ
色コヨーテ ロングスリーブベースレイヤー
Sサイズ


5月20日サバゲ場にて実験してきました。
きしょい写真ですいません。
着用時蒸れは一切感じません。
こもった感じの熱も感じませんでしたし汗に関してもPOLARTEC DELTAを通じかなりの
放出量がありますね。そして生地自体はほぼ湿っていません。
走るとPOLARTEC DELTAに関してはもちろんですがすぐ乾いてしまいます。
まぁ暑いとは言っても五月なので真夏の湿度でどこまで通じるかですが現状でシャツを着て
体感するにあたり真夏でも余裕でいけそうです。


ドネツク国際空港Tシャツ!
2015赤に占拠されたドネツク国際空港をモチーフにそこ俺の国だからというウクライナのプライド
を左肩に国旗としてあらわしています。
ユーチューブで”КІБОРГИ”でくぐるとよくわかるかも


で入れるとなくなるチャーチルTシャツ!
MサイズとLサイズ入荷

HONOR POINT USAからBACK BAY USAに変わってFNGが新入荷したので20L前後の ミリタリーバックであるMYSTERYRANCHのASAPとスパルタンで比較してみる


というわけで20L前後のミリタリーバックパックってあまり存在していないんですよね。
あるにはあるんですけど比較できるのがミステリーランチの同じようなスパルタンとASAP
しかないのでこれで比較するのがわかりやすいかなぁってことで。

スパルタン16Lフィリピン製 FNG18.5Lアメリカ製
見た目の大きさはさほど変わりません。
オープンの仕方が特徴的ですが好き嫌いですね。ぶっちゃけ
まぁスパルタンはディスコンですのででなんともいえませんが
当時価格で36,000円 税抜フィリピン製でしたねぇ。

スパルタンのメインジッパーはコイルの10番でFNGは止水の8番
スパルタンの空け辛さを考えればFNGの止水ジッパーの開けやすさはたまらない。

ちなみにこのスパルタンを中古で売り払い僕はFNGに乗り換える予定です。


で次はASAPで比較してみようといっても中身はスパルタンとたいして変わらないから
外側だけになるんだけれどね。
うん確かにASAPだ!この黒ジッパーもお別れ次は茶色ジッパーだい!じゃなくて
もろミステリーランチですねどこからどう見てもミステリーランチだ…
FNG?えっアー○?気のせいだな気のせい!開け方が似てるだけだ似てるだけ。
だってカリ○ーとかもでかいバックでこんなのがあったので多分流行だよ。
大きさが全く違うしカー○30とかより普段使いしやすいし機能的だし。
ASAPは58,000円 税抜アメリカ製ですね。

でここからが頭が痛いところなんですがASAPとFNGアメリカ国内の価格がほぼ一緒…


背面はこんな感じフッチューラヨークのミステリーランチに対して負けてないよ
と言わんばかりの作りこみのFNG。
ミステリーランチのすごいところであり欠点でも有るフッチューラヨーク
小型のバックパックに使うと重くなる。が重さが増すとしっくり来るが
小型のバックはいつも重いとは限らない。
FNGは使いやすそうだと思いますがまだ使ったときが無いので感想はなし。
NAZパックはすごい使いやすい。だってそんなに重いもの持たないんだもの。

いくら代理店だとは言ってもアメリカのタクティカル系はそれほどマージン
がもらえるわけではない。だから値段を考えると頭が痛い。
ミステリーランチならばネームバリューである程度はと思うが
しかもFNGは新ブランドになったばかりだからまだブランドタグ付いてないんだぞ!
その代わりオーナーのジャックがブランドタグより先に作った
会社のパッチをプレゼント!
元SARCだから海兵隊で使われる南十字星とサンディエゴを
イメージしているのですが問題はバックパックに貼る場所がない…
おいっ!


で中身ですがFNGはパネルのおかげでA4の幅をキープ出来ているので
A4がはいる。
というかA4を入れると微妙に曲がるスパルタンってマチがあるから実際は問題ないんですけどね。
で中はPALSに対して取りはずし可能なアドミンポーチが付属しているのがFNG。
僕は確信していますが絶対このアドミンはずして使わないだろうな。


FNGは外側ポケット、スパルタンは内側ポケットアクセスしやすいのはFNG。
でFNGはさりげなくボトルポケットも付いている。

BACK BAY USA FNG
MADE IN USA

で価格だよなぁ…
¥40,000-と消費税-あと相談