これでスペシャルを作ろうと思ったが面白みにかけるので止めた。 とスリング用パッドを作ろうか考えみる。


昨日スペシャルを作ろうと迷彩生地を載せましたが最後まで悩んでいた迷彩は
偉大なる女王陛下の国であるイギリスの迷彩MTP
なぜ面白くないのか!
イギリスってなんかあれじゃん!
おしゃれっぽいじゃん!
モッズじゃんパンクもか?
カフェレーサーってなんだよ!
お前ら文化はいちいちあれなんだよ!
だから嫌だ!

でも最近ワムのベスト買っちゃった。

が生地を買った以上作るがスペシャルじゃない!

でもさこの生地でメッセンジャー作ったらたんなるグラブバッグじゃないかとふと思う。


で、まったく話が違う方向へノンスリップクロスの話
パッドが欲しいというお客様がたまに来店する。
ミニミを持たないといけないのだがオフィシャルのやつがクソだと!
毎回体よく断ってしまうのは面倒くさいから。
だがしかし、よく考えたら30倍は欲しい方々がいるわけだ!
でうちの店から買う人はぁ1/10として3人か…

作っても無駄だな…ではなくて

重量物を運ぶに際してバックパックなどで運ぶ場合は肩とか腰に一定の重量を分散固定させ
負担を軽減させればよいとして
スリングの場合重量物をつねに使用可能状態で保持しなければいけないわけだ。
しかもその重量物はつねに動いていると考えなければいけなくなる。
と言うことはパッドの裏面はメッシュだと肩の片側でつるす感じで使用した場合
ずれるね。間違いなくずれるね。

そこでイギリスの機関銃用のスリングを参考にしてですね裏面をノンスリップクロス
にすればずれないよね。あれですタクティカルベストなどの肩についてる滑り止め。
まあスリングに通気性は必要ないし裏はこれだよね。
やっぱり実戦の国はちがうよね。

それで次の問題はスリングとの接続方法だよね
パッドは裏にノンスリップクロスを貼っているので重量物をつるす限りあまりずれない、
だがスリング本体は前後左右に動く可能性が高い。
まぁ全部を作ってしまえばいい話なんですけどパッドが欲しいからパッドだけ考えないといけないんですよね。
前後にはある程度動いても問題ないだろうが左右に動いてしまうとそりゃ辛いだろうな。
あとは長さかぁ

ある程度は仕様が決まってきましたがなかなかねぇ
めんどくせーな

Taylor&Stonerのページ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中