合衆国連邦政府指定のナイロン糸


ナイロンスレッドの在庫がなくなりそうだよと言うことで少なくなったカラーを
買いました。
基本的にスレッドは向こうで言うところのTEX70/SIZE69で合衆国連邦政府の指定SIZE”E”
のミルスペック。
左からA&Eコヨーテ498,Eddington オリーブドラブ,A&Eオリーブグリーン
色的に言うとコヨーテとオリーブドラブの間にタン499が入る感じ。
ナイロンギア用の基本スレッドですね。

これを生地とかバイアスによって使い分けるわけですが、
ぶっちゃけコヨーテ498とタン499を縫い終わってから色を比べてもはじめは
あまり区別つかないと思いますが糸の質感は連邦政府の指定だけあって完璧です。

まぁプラモデルで言うところの接着剤みたいなものですから手を抜くわけにもいかないし…

アメリカのいちぶブランドではSIZE:92/GOVT-SIZE”F”とかいうさらに太い糸を使って
ポーチなんかを作っているところもありますが、僕らが作るのはメイン生地が500D
なのでそこまで必要ないし太すぎると生地が負けるよね。
そもそも1000Dで基本69使っているところが多かったし92はねぇとか思っていますが
あーーーん一回92使わせてみたいよぉとか言う願望がある今日この頃。

Taylor&Stonerのページ

広告

メッセンジャーの大きいバージョンと普通の色違とRUスペシャルとなんかグラブバッグみたいなものが完成! 面倒くさいのでいっきにアップ


ひと回り大きなサンプルバージョンとの比較
大きさの検証はまだしていないです。

なぜサンプルがウッドランドか!
それは一般的にウケが良いので売りやすい。


RUスペシャルとイギリスMTPバージョン
スペシャルけっこういいじゃん。
MTPはやっぱりグラブバッグ風になるなぁ


黒マルチとマルチカムのアリッド
ありそうでないです。
でもなさそうであるかもしれないこの安定感。


おまけ3C!
バイアスはタン使うとなんかミリっぽくなりすぎるねぇ

Taylor&Stonerのページ

これでスペシャルを作ろうと思ったが面白みにかけるので止めた。 とスリング用パッドを作ろうか考えみる。


昨日スペシャルを作ろうと迷彩生地を載せましたが最後まで悩んでいた迷彩は
偉大なる女王陛下の国であるイギリスの迷彩MTP
なぜ面白くないのか!
イギリスってなんかあれじゃん!
おしゃれっぽいじゃん!
モッズじゃんパンクもか?
カフェレーサーってなんだよ!
お前ら文化はいちいちあれなんだよ!
だから嫌だ!

でも最近ワムのベスト買っちゃった。

が生地を買った以上作るがスペシャルじゃない!

でもさこの生地でメッセンジャー作ったらたんなるグラブバッグじゃないかとふと思う。


で、まったく話が違う方向へノンスリップクロスの話
パッドが欲しいというお客様がたまに来店する。
ミニミを持たないといけないのだがオフィシャルのやつがクソだと!
毎回体よく断ってしまうのは面倒くさいから。
だがしかし、よく考えたら30倍は欲しい方々がいるわけだ!
でうちの店から買う人はぁ1/10として3人か…

作っても無駄だな…ではなくて

重量物を運ぶに際してバックパックなどで運ぶ場合は肩とか腰に一定の重量を分散固定させ
負担を軽減させればよいとして
スリングの場合重量物をつねに使用可能状態で保持しなければいけないわけだ。
しかもその重量物はつねに動いていると考えなければいけなくなる。
と言うことはパッドの裏面はメッシュだと肩の片側でつるす感じで使用した場合
ずれるね。間違いなくずれるね。

そこでイギリスの機関銃用のスリングを参考にしてですね裏面をノンスリップクロス
にすればずれないよね。あれですタクティカルベストなどの肩についてる滑り止め。
まあスリングに通気性は必要ないし裏はこれだよね。
やっぱり実戦の国はちがうよね。

それで次の問題はスリングとの接続方法だよね
パッドは裏にノンスリップクロスを貼っているので重量物をつるす限りあまりずれない、
だがスリング本体は前後左右に動く可能性が高い。
まぁ全部を作ってしまえばいい話なんですけどパッドが欲しいからパッドだけ考えないといけないんですよね。
前後にはある程度動いても問題ないだろうが左右に動いてしまうとそりゃ辛いだろうな。
あとは長さかぁ

ある程度は仕様が決まってきましたがなかなかねぇ
めんどくせーな

Taylor&Stonerのページ

そろそろスペシャル日和


9月も25日を過ぎました。

というわけで私的理由でスペシャルなものを作ろうと思いまして生地を取ってみました。
まぁBROOKWOODのトライアルカモフラージュALL TERRAINに一瞬似ているような気もしたが違うだろう。
ちゃんとした500D の生地だしそこそこ高いしそして流通があるのでトライアル物でいらなくなった
かなにかかなぁ
最近このてのALL TERRAINを謳っている迷彩が多くてわけわからない。

今回は私的理由なため売れるかどうかは一切考えないで面白いかどうかの判断ですのよ

面白ければ喜んでくれると思うのでこれでいいでしょ!
多分、大笑いするだろう。
形はメッセンジャーで行こう。

ウッドランドの500Dも良い感じなので一緒に作ろう。
他のカラーも一緒に作ろう
でもこの迷彩だろうなぁ

近日中に作るので出来たらあっぷします。

Taylor&Stonerのページ

HONOR POINT RetentionWallet入荷 今度こそ間違わないぞ!

HONOR POINT RetentionWalletが入荷いたしました。
実はですね1回目に入荷したときはマルチカムがすぐ売れたんですよ。
で2回目はですねなぜかBLACKそして黒マルチ…
そして3回目はまたまたマルチから売れていくと言う
すべて、売れたほうを少なく取ると言う逆張り!

そこで僕は予想しました。
今回はマルチ、黒系、マルチ、と続いたので!
やっぱマルチでしょ!ということでマルチを多くとりましたが
結局黒マルチも取ってしまいました。

以下昨日のブログ
ひっぱるよぉ
写真がなくなってるがまぁ 良いだろう

というか売れるコヨーテを他の商品に使う予定だったバラにしてあるやつを
希望が多くてしかたなくまとめたらしい。

というわけでコヨーテは少ししかないけど入荷。
他は安定のFoliage Greenと1インチのみですが黒

ただねぇ妙にコヨーテの数が安定していないような気がする。
本来であれば1インチ用4個 1.5インチ用4個 2インチ用4個なはずだが多いような気がする
ばらして数そろえるか…面倒くさいからそのままにするか悩むところだ。 
まぁ少なくなってるわけではないんですから良いんですけど
ザ!アメリカンいえええええええええええぃですねぇ

詳しくは以下にてご確認ください。

https://wordpress.com/read/feeds/5057411/posts/1473933514

https://wordpress.com/read/feeds/5057411/posts/1350765044

Taylor&Stonerのページ

HONOR POINT WEBBING MANAGEMENT DEVICE ちょこっと入荷


というか売れるコヨーテを他の商品に使う予定だったバラにしてあるやつを
希望が多くてしかたなくまとめたらしい。

というわけでコヨーテは少ししかないけど入荷。
他は安定のFoliage Greenと1インチのみですが黒

ただねぇ妙にコヨーテの数が安定していないような気がする。
本来であれば1インチ用4個 1.5インチ用4個 2インチ用4個なはずだが多いような気がする
ばらして数そろえるか…面倒くさいからそのままにするか悩むところだ。 
まぁ少なくなってるわけではないんですから良いんですけど
ザ!アメリカンいえええええええええええぃですねぇ

詳しくは以下にてご確認ください。

https://wordpress.com/read/feeds/5057411/posts/1473933514

https://wordpress.com/read/feeds/5057411/posts/1350765044

Taylor&Stonerのページ

ランドールを発見


探し物をしていたらランドールのトラウトバードを発見
ランドールをはじめて知ったのは確か中学生のころ読んだ
キーウエストコネクションという小説だった。

シールのベトナム帰還兵復讐物で悪人を倒すとき最後はアタックサバイバル
を使うのですが厨房の僕にはドストライクで特殊部隊No1ナイフ=ランドールが
頭に刷り込まれたわけですよ。

しかもアタックサバイバルは小説の描写ではシールが使うのにはもってこいの
錆びない素材のサバイバルナイフみたいなぁ

もちろん当時は形なんて知りませんでしたよ。

その頃、WPPがナイフマガジンとか出し始めて雑誌を購入して
ようやくランドールの本質を知ると言うwww懐かしい時代だ。

時が過ぎリバーランズスルーイットを見てですね、フライフィッシングをやり始めたんでが
なんかさぁバックのフォールディングハンターとか使っているとしょぼい感じがするんですよ。
フライだけの話じゃないですけど趣味の世界特有な感じの負のオーラってやつですかねぇ。

でも、現地でさばいてヤマメや岩魚なんか塩焼きとかで食いたくなるじゃないですか
時代はバブル終盤!
憧れのランドールいけますねてきな感じでランドールにGOですよ。

一瞬アタックサバイバルに行こうかと思いましたが、やっぱトラウトバードっしょてきな。

でもさ、使えばすぐ酸化して全体的に黒っぽくなるし刃は研がなきゃまともに使えなかったし
便利な道具なはずだけど便利じゃない感じのメンテナンスがあっての愛着がわいた思い出のナイフですね。
もうさ嬉しくてシイラ釣り行ったときなんて一瞬でほんげぇぇぇぇぇだったし
海水は駄目だよって笑われたからね

不便な時代に戻ったつもりで久しぶりに手入れでもとしようかな

Taylor&Stonerのページ