結局はこっち進むのか?製品版はアルペンで作ろう


クレイプレシジョン500Dトロピック仕様のファニーパックの試作
別に色は何色でも良かったんですけど一番オタっぽいカラーを使用して適当にサンプルを作ってもらいました。昨日の商品はまだ予定ですがこれは作ろうと思ってます。
オリジナル感をだそうとしてフロントのポケットをでかくしてみたら全体がでかくなったので
微妙な感じがでまくりでね
あと1000Dの商品って張りがあって生地が結構主張してくれるんですが500Dはふにゃぁって感じです。
ただし付け心地は500Dですね。
やっぱり大きさはミリタリーメーカーに近づけてフロントポケットも普通にしたほうがいいな。
困ったときはインチサイズで限りなくそれっぽい普通のポケットつければよい感じになるだろう。
オリジナル感もなくなるし長財布が入る大きさも必要かなとか思いつつ…今回そこは無視
修正箇所は理解できたのであとは作るだけですね。
作れるカラーはブラック、コヨーテ、クレイアルペン、アリッド、トロピック、黒マルチってところ
だが完成商品はまだないから作れませんね

商品の大きさはDVDラバーズホテル07で比較してもらえればわかると思います。

Taylor&Stonerのページ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中