トートバックの新しいカラー

トートバックの新しいカラーですが形が違うように思うかもしれませんが形は同じですが
仕様が違います。

クレイのマルチカム アルペンの場合…
白だよ白…ウルフグレーウェビングと1000Dで底部もウルフグレーがかっこよいかと思いまして
探しましたが色が微妙そうなので黒にしました。
すごく普通な街角仕様になってしまいました。
こちらの場合バックルをつけると黒バックルのインパクトがすごく強くなるので
アクセントとして外側のポケットに止水ジッパーを使用してちょい高級感を出しています。

コヨーテとTAN499とカーキの組み合わせなら普通じゃないかと思ってバックルまでつけて
試作してみたのですが…
単なる茶色い塊のミリタリー商品でした。
そこで止水ジッパーを外ポケットにつけてみると黒がアクセントになって
街角にて使用できるミリタリー風の商品になったのでこれで良しとしました。
生地のみでミリタリー感バリバリのダイドの500Dなのでさらに茶色いベルクロは…
却下!

というわけでコヨーテとアルペンは同じ形になったわけです。




Taylor&Stonerのページ

当初の予定と完成品。

なんとなく買っていただけるようになってきたので嬉しいサコッシュですが
このサコッシュの当初の予定はこんな感じでした。(写真左)
実生地のAOR2で70Dだか40Dのペラペラナイロン(ウインドブレーカーとかに使うのかな?)
でサンプルは作られました。
ペラペラなので通常ナイロン装備などに使うSize 69/ Govt. EからSize 46 Govt. Bにスレッドを
細くして外側にポケットがあったほうがとか色々聞いた中から引きまくってこんな感じになったんです。
ザ.サコッシュ!ですねぇ。もちろん小さく出来ポケットにもなんなく収納できます。
一番最初のサンプルなんて単なる紐付き袋ですからねぇ。

が、なぜ現在の形に落ち着いたかと言うと
それは、すぐ破けそうだし少し重いもの入れると不安だし…
でもサコッシュってそういうものじゃないのと思いつつ500Dに変更してスレッドのサイズも大きくして
コーデュラだと裏が白っぽくなるから裏地つけてDリングプラスして…
外のポケット要らないからふたつけちゃえ!みたいになって…
まぁこれはこれで強度も容量も問題なしだし、使いやすいからいいじゃんみたいになって製品になったのですが…





よくみるとクレイモアバックみたいじゃねーか!
まぁミリタリー屋だから王道って言えば王道のデザインに落ち着いたというお話。
今ならこんな感じかなクレイモアバック風のサコッシュですね。

とは言ってみたものの当初の製品も悪くないような気がするので普通に作ってみようかなと
思ってみたりするわけです。




Taylor&Stonerのページ

毒カエルみたいな迷彩コンシャツとバランパーカのMサイズ入荷

夏草や兵どもが夢の跡
みなさんげんきですか?松雄芭蕉です。

左側ウクライナのやつですねアンダーアーマーシャツ ジャバ迷彩
なんかジャワティーを飲みたくなるような迷彩ですが
コーデュラのベースレーヤーとかをちゃんと使ってます。
ちなみにサイズはMとLですがMはUSサイズMくらいでLはUSのXLくらいかと思われます
¥5,800-税別

バランのMサイズ来ました。




Taylor&Stonerのページ

シュトオォォォォォじゃなくてジュート入荷


夏ですねぇ!
蒸しますねぇ!

こんな日は生ビール!たまらないっすね。

本日はギリースーツ等を作る場合に必要なジュートです。
送料が大幅値上がりしたためしばらく取ってなかったんですが多少値段が
上がっても欲しいと言っていただけるお客様がいらっしゃいました。
だからといってその数だけ取ったとしてもエェェェェェェという金額になるため
多少多めにとりましたが普通に販売することを考えれば少ない量です。
カラーは特定の注文のみに対応したため
オリーブ
ダークグリーン
ライトオリーブのみとなります。

¥2,800-税別

ちなみにギリー用ネットはありませんよ。




Taylor&Stonerのページ

ゴールデンと呼ばれるタイガーをプリントして作ってみた。


夏ですねぇ!
蒸しますねぇ!

ゴールデンタイガーと呼ばれるカラーリングを薄手のコットンポプリンにほどこしてもらった
生地をアロハにしてみました。

あああああんぅ!
思いのほか素的な感じですぅ。

次はシルバーだな!
みっちぇるぱたーんもいいね

ちなみに大きい人向けオーダー品です。




生地はアメリカ 製作は日本です。 
日本製

Taylor&Stonerのページ