俺スペシャルが来た! Taylor&Stoner Blog


Long Valley River の長谷川氏にスペシャルオーダーで作ってもらいました。
長谷川氏が製作する商品はつねにスペシャルオーダーなので俺スペシャルってやつですね。

海外のブランド系ミリタリー商品はどうしてもサイズがでかいので作り始めた商品ですが
その過程でいろいろわかりました。
ぶっちゃけ通常の日本人体型であのシリーズをかっこよく着こなせるのは難しい。
やっぱり海外のマッチョ系はあれなんですよね。
アームの取り付け位置とかおかしいもん。
胸囲100cm位あっても普通の日本人だとSサイズでおかしくないし、腕の太さもかなり考慮してるんですねぇ。
どんな日本人が似合うか考えたときSサイズで175cm前後胸囲100前後ここまでは皆様も
なんとなくわかると思いますが重要な事はある程度二の腕がマッチョ(格闘技系ね)
で背中の筋肉も多少せせり出てる感じじゃないと…
それって結局北米、ヨーロッパ系の兵隊?

メーカーと型番により違いも有るので一概にはそうだとは言い切れ無いところもあります。
確実にいえるのがどのメーカーも手は長い!

次の機会があったらでかい人が住む国系バックパック屋とタクティカル屋が作るバックパックの対応胸囲の違いでも
書いてみますか。

ちなみに近日にはそれっぽい日本体型向けウェアーをコヨーテ色で作るので期待しないで待っていてください。

おっと脱線した!

ミリタリーなデザインのみ考えて作る一般服はよくあるのであまり手を出したくなかったのですが
ミリタリーな仕様を理解して作る一般服は無いので作ってもらいました。

デニムとミリタリーを融合させてみました。
素材は岡山県産で京都の着物染色師が染めたデニムwww
ボタンはユニオンメードでタクティカル風味
どこがタクティカルというと腕が通常のファッション向けより若干太く(向こうほど付け根は太くしません)動きやすくして
5cmほど丈を付けてドローしやすくしてついでに丈を短くすることによりファッション性を高めてみました。
あとはウォッシュをかけて縮みを調べないといけませんね。

このタイプが欲しい方がいらっしゃいましたら御連絡ください。

Taylor&Stonerのページ

広告