うーん!メッシュゴーグルが破損かぁ…

とりあえず流れで言ってみる。
JIS T8147規格とANSI Z87.1は日本とアメリカの防護グラスの規格ですが話題のメッシュゴーグルは何処の規格なんすかね?
そもそも国内だとASGKとかあるんだから認定マーク付き限定とか、せめてJIS規格クリアとかサバゲー場で基準作れば
100%ではないが事故は今よりも減るような気がする。エアガンの基準はあるんだから作れそうだけどね。
魔改造されたエアガンで撃ちあっていた時代よりもずっと安全なはずなんだけどなぁ
安いわけわからんちんで適当に作られた怪しい国から怪しい感じで国内に入ってきた何処規格も認めていない
ゴーグルなんかが入ってきたのも問題広げてるんだろうなぁ

それを加味して僕的にはJIS T8147規格だと飛来する物体に対しての耐衝撃性に関してANSI Z87.1
より甘いというか検査じたい無かったのでサバゲには最低でもANSI Z87.1クラスは必要だと思う。
最新のANSI Z87.1 2010だって3Mの商品¥1,000-位で販売してるじゃないか。
どう考えても10年前以上のバリグラスより強いぞ。理想を言えば最低でも2003/2010規格だけど
ちなみに以下にJISとANSIの検査基準の違いがあるので確認できるよん
http://multimedia.3m.com/mws/media/981938O/ohs-010.pdf

10年以上前にANSI Z87.1規格をクリアした商品と最新の一番厳しい規格ANSI Z87.1 2010及びJIS T8147をクリアした商品と
意味不明などこぞのゴーグルもサバゲだと扱い一緒だもんね。むしろANSI Z87.1 2010及びJIS T8147をクリアした商品が
サバゲ用じゃないからだめだと言われる可能性がありそうだ。
ANSI Z87.1自体がコマーシャル規格なので手に入れやすいってのもあるしね。

米軍みたいにANSI Z87.1 2010でさらにミリタリー規格のMIL-PRF-31013クリアしてるやつ使えればいいんだろうけど
サバゲの初心者から中級者にリンク先のようなハイインパクト試験クリアしてるAPELのリアルバリグラスなんて
実際すすめられませんよ。
http://www.peosoldier.army.mil/equipment/eyewear/

俺ですら自分の販売しているそっち系の物は理解してるぞ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中