Karrimor Sf Sabre30がなぜ軍用パックなのか Taylor&Stoner Blog


Karrimor Sf Sabre30及びPredator30のウエストベルトをウエストで固定して
ショルダーストラップを引っ張ると、ちゃんと固定できないなんでだろう?
と思われた方がいると思います。


カリマーSFのパック(デイパトロール用)は一般の生活に使用する程度であれば問題ないとは思います。
むしろかっこいいかもしれません。
しかし登山用パック(ウエストベルトをちゃんと腰に固定して重さを分散させるパック)とは基本的に考え方は違います。
上記2種類のパックは基本的にデイパトロール用を考慮されデザインされています。
デイパトロールに出かける兵士は写真のようにベルトキット(英軍のものがないので昔の米軍)を装備します。
ベルトキットを装備すると主要装備がウエストの位置に来ることが写真で確認できると思います。
つまり、バックパックのウエストベルトが腰に来ると装備に干渉することになります。
命に次に大切な弾丸などがすばやく取り出せません。
で、デイパックのウエストベルトは単なる腹部でパックのゆれを防止するための固定用ベルトということになります。
大きさが大きさなので気になる方々はさほどいらっしゃらないとは思いますが
基本的には腰ベルトに重量を拡散させて背負いを楽にさせるととかの考えではないということをご考慮いただきご検討
していただければ幸いでございます。


まあ夏山登山の軽装で500m以下の山でハイキングコースのみを歩くとかであればいいのかなとは思います。
軍用パックは人に合わせて作られていません。使用される目的の任務が何かで作られています。
とは言ってもカリマーSF等のヨーロッパ系の軍用パックはまだ一般的使用に関してやさしい
アメリカ軍用ブランドのパックはもっと使用するシチュエーションの細分化が激しいです。

HONORPOINT USA販売ページ


店舗案内図

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中